福岡・東京・神奈川 gymnastics・kickboxing リアルディール

リアルディール・スタイル(畔田聡の勝負・試合で勝つためのコラム)

03 アッパー

こんにちは!リアルディールの畔田です!

今回はアッパーについて説明させてもらいます。アッパーもいろいろな打ち方があって、使う人、使わない人がいます。
(アッパーを試合で使うのは本当に難しいです。接近戦なので勇気、反射神経、ディフェンス能力も高いものが必要です。スピードが遅いとカウンターを打ち込まれます)

●左アッパー
右利きの人は構えた時に左の肩が前にあるので、そのまま左アッパーを打つと弱くなります。一度肩を入れ替えてそこからアッパーを打つといいと思います。
(レベルが高い人は肩の動かし方を理解してますのでそのままでも強いアッパーを打てますが、初心者は入れ替えた方が分かりやすいと思います)

●右アッパー
肩が後ろにあるので、腰を入れながら、肩を入れ替えて打ち込んでいきます。
(言葉にすると簡単ですが、実際に使うのは本当に難しいです。フックもですが肩の動かし方をマスターするのは時間がかかります。ボクサーが試合前にリング上で肩をカクンカクンと動かしているやつですね)

アッパーは接近戦で使う技ですが、そこで相手を組んだりするとダメです。接近戦で勇気を持って相手をしっかり見ながら、相手のパンチをブロックして弱いパンチに合わせたり、パンチとパンチの間を打ち込んだりします。
接近戦は本当に相手を見る力が大切です。これがない人は気合だけで打ち合うのでKO勝ちもKO負けも多くなると思います。お客さんは盛り上がるけど脳みそに悪いので反射や見ることを意識するといいと思います!



●家でトレーニングする時
ストレートやフックと同じ感じでやるといいと思います。
(リアルディールスタイルのストレート、フックを見て下さい)

まずはねじりからスタート。そして単発、コンビネーションと進めていくといいと思います。

ねじりだけを3分を1R、
左アッパーだけを1R(慣れてない人は肩を入れ替えてやって下さい)、
右フックだけを1R、
右アッパー、左フック、右ストレートを1R、
右ストレート、左アッパー、右ストレートを1R、
ジャブ・ストレートとフックとアッパを使ってフリーで1R、
最後にもう一度ねじりだけで1Rやるといいと思います。



●アッパーの動画です!チェックしてみて下さい。
https://www.instagram.com/p/B_1KYI0pDpY/



●ボクシングの有名選手、マニー・パッキャオのトレーニングシーンです。初心者は形から練習を始めますが、レベルが上がるにつれて、その人にとって最高のスピードで打ち込める形が「自分の形」になります。
(そのスピードに体重を乗せていくことも大切です。形・スピード・重さはそれぞれのトレーニングがあります)
ですので、トップ選手はそれぞれのスタイルがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=Y8f9hayqEJQ



100%のスピードで練習しない人はある程度のところで成長が止まるし完成形にはなれません。自分の形を作り上げたい人はハードですが決めたラウンドは全力全速で頑張ってみて下さい!
(リアルディールの営業時間は健康のためやダイエット目的でトレーニングをされている方が多いです。選手スタッフは朝練をしていますので、選手希望者の方はいっしょに朝練に参加することも可能です。スタッフにお尋ね下さい)

健康やダイエットのためにやっている人は無理をしないで6〜8割程度でやると有酸素運動になるのでいいと思います。
ここも目的によって内容や強度が変わってきますね。僕も昔は全力全速でしたが今は自分が気持ち良いペースでやっています。たまに追い込みます(笑)
楽しくやるキックボクシングもハードにやるキックボクシングもどちらもありですね。目的や年齢に合わせてトレーニングをしていくといいと思います。



●技術やトレーニングについてのご質問も出来るだけお答えしていきたいと思っています。お気軽にご連絡下さい。ご質問はこちらからお願いします。
http://www.realdeal.jp/inquiry/inquiry_top.html

SiteIndex