福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

リアルディール・スタイル(畔田聡の勝負・試合で勝つためのコラム)

09 クールダウンについて

今回は「クールダウン」についてご紹介します。



まず、クールダウンとは運動によって興奮している神経や筋肉を安静な状態に戻すための動きのことを言います。
クールダウンを行わずに急に運動を中止すると、めまいや体調不良につながることがあります。



クールダウンをすることによって期待できる効果は
筋肉の疲労回復や、柔軟性を回復させる効果、
そして運動で傷ついた筋肉への修復も進めることができるため、障害予防などの効果があります。



次にクールダウンの方法をご紹介します。
ウォームアップでは体を少しずつ温めて心拍数を少しずつ上げて動きを増やしていく動きに対してクールダウンの場合は逆に火照った体を少しずつ冷まして心拍数を下げて動きを減らしいていく動きになります。



まず、オススメするのがジョギングです。
呼吸や心拍数が落ち着いてくる速さでゆっくりと行います。

次はウォーキングです。
呼吸の荒さ、心拍数などが落ち着いてきたらジョギングからウォーキングに切り替えていきます。


ウォーキングでは深呼吸をしながら行っていきましょう。
呼吸とともに血液がめぐって酸素等が十分に送り届けられます。


最後はストレッチです。
運動で使った筋肉等をゆっくりと伸ばしていきます。
負担がかかった部位は硬くなっているので、反動をつけずに各部位30秒程行うと良いでしょう。


キックボクシングでは、広背筋(背中)や、三頭筋(二の腕)、大腿筋(太もも)等を主に使っていくのでそこの部位を重点的に行うと良いですよ♪
ストレッチ方法はジムにある映像や写真など、よろしければ参考にしてみて下さい。


クールダウンの時間は全体で10分〜15分程です。
長い時間やるとかえって体が冷えてしまうので気を付けましょう。


クールダウンはおろそかになりがちですが、次回のトレーニングのパフォーマンスアップや疲労回復など体にも良い影響がありますのでトレーニング後はしっかりとクールダウンをする習慣をつけていきましょう(^^♪

SiteIndex