福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

リアルディール・スタイル

14 試合で勝つためには(相性について)

スポーツで勝敗を決めるのはもちろん実力です。
しかし、それだけではなく運や相性というのも勝負の世界では重要です。

今回はこの「相性」についてお話します。


パンチが得意な選手とキックが得意な選手ではどちらが強いのか?
これは一言では言えませんがキックボクシングルールでは
キックが得意な方が有利なような気がします
(ボクシングルールであればもちろんパンチが得意な選手が有利です)

これは相手との間合い(距離)に大きく関係があります。
ミドルキックやマエゲリはパンチが届かない距離でも当てる事ができます。
さらに接近戦ではパンチが出しにくい状態でもヒザゲリが出せます。
要するにキックの方が自分の距離で闘うことが有利になります。

でもそれ以上に大きな要素が「相性」になります。
上の話ではキックの方がパンチより有利といいましたが、
ではキックが得意なA選手とパンチが得意なB選手はA選手が有利なのでしょうか?
そうとは言えません。
これはA選手とB選手の相性によって決まります。

B選手がキックはすべて体で受け止めて前へ前へ出て
パンチの連打で攻めるとどうなるでしょうか?

A選手がプレッシャーの弱い選手であれば、簡単に崩されパンチでKOされます。
しかしA選手もプレッシャーが強く、その上で前へ出てくる相手へカウンター攻撃が
得意であればA選手が勝つ確立が高まります。

またパンチが得意なB選手が首ずもうやヒザゲリもうまかったらどうなるでしょうか?
A選手は作戦を考え直さないといけなくなるでしょう。

このように相手の攻撃、得意技、弱点などと自分のスタイルを比べて
ベストのファイトプランを考えなければいけません。


勝敗に影響する相性

パンチが強い、弱い

キックが強い、弱い

スタミナがある、ない

スピードがある、ない

プレッシャーがある、ない

単発の選手、連打の選手

パンチの防御がうまい、うまくない

キックの防御がうまい、うまくない

首ずもうが強い、弱い


このようなことを頭に入れ、自分と対戦相手との相性を考えていけば、
自然と闘い方は決まってくると思います
(自分の得意なことと、相手の弱いとこをリンクさせていきます)


対戦相手が決まったら、自分が勝利する確率を少しでも上げるために
「相性」について考えてみてください。


SiteIndex