福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

リアルディール・スタイル

24 徹底的なディフェンス・ブロック

キックボクシングは反射のスポーツです。

「もらわずに、当てる」

一発逆転KOもありますが、これが出来る方が勝つ確率は高くなります。

ではもらわないとはどういうことでしょうか?

一般的にキックボクシングの試合はポイント制ではなくダメージで勝敗を決めるので「ダメージを受けない」ということが言えます。

ダメージを受けないという事は、@ディフェンス(ブロック)で攻撃をもらわない、A体を鍛えて攻撃を受けても大丈夫にする。この2つになります。

@ディフェンスで攻撃をもらわないためには、相手のすべてをディフェンスするのではなく、強い攻撃だけは絶対にもらわないという意識が必要です。逆に言えば弱い攻撃はもらってもOKです。

これで相手をじっくり見ることができます。そしてディフェンスは最小限の動きで行うことです。相手の攻撃は一発だけではありません。2発目、3発目があります。最小の動きでブロックできれば、次のディフェンスもやりやすいし、攻撃もスムースにできます。最近、試合やジムでのスパーリングを見るとディフェンスの時、動作が大きすぎる人がいます。そっちのほうが危険です。2発目をもらいやすくなりますからね。

「強い攻撃は一発ももらわない」という強い意識が必要です。「意識」すればこれは出来ます。そのために構えがしっかりしているという前提はもちろん必要です。この「意識」の仕方は残念ですが直接でないと伝えられません。興味がある人は僕を見つけた時に聞いて下さい。結構深いですよ!


A攻撃を受けても大丈夫な体を作るということは簡単です。顔は別ですよ(笑)パンチドランカーになりますからね!

部分的に言うと、ローキックをもらっても効かない足にするには、スクワット、レッグエクステンション、レッグカールなどのウエイトトレーニングで足の筋肉を太くしたり、誰かに足を蹴ってもらったりします。そして自分がローキックを得意になるということも大事です。不思議なもので自分の得意の攻撃はディフェンスも打たれ強さもレベルアップします。

腹は腹筋をしっかりやります。誰かにお腹を踏んでもらったり、メディシンボールを落としてもらったり、実際に叩いてもらったりします。初めはきついですがだんだん慣れてきます。

顔は首をしっかり鍛えます。ブリッジやネックエクステンション、誰かに首ずもうの体制で頭を20〜30回程引きついてもらいます(これは慣れてない人がやると次の日は必ず首がこわります 笑)

完璧なディフェンスをマスターして、もらったとしても強い体があれば、何も怖いものはなくなります。あとはどうやって攻撃するか楽しく考えるだけです(笑)

「そんなことを言っても簡単にできないよ・・・・・」と思う人がいると思いますが、方法はこれしかありません!あとはやるかやらないかだけです。やる場合も徹底的にやらないといけません。ウエイトなら限界の重さをどんどんクリアーしていくつもりで、つぶれても補助をつけてそこから3回やるとかですね。叩いてもらうときはその強度になれたらどんどん強くしてもらいます(体は壊さないようにして下さい 笑)

あと、強い体を作るなら食生活と生活リズムは重要です。理想は早寝、早起き、しっかり食事+プロテインなどのサプリメントですね。現代の人はなかなか難しいかもしれませんが、でも人生の中で「今は強くなりたいんだ」と思う人はこれらを実践してみてください。効果は必ずありますよ!


SiteIndex