福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

リアルディール・スタイル

33 構え、攻撃、防御での意識

構えているとき、柔らかく構える人もいれば、硬く構える人もいます。

また、攻撃も軽く打つ人もいれば、一発一発を強く打つ人もいます。

これはファイターによって違うと思いますが、理想は次のような感じだと思います。


構え
外からは柔らかく見えるけど、中は硬い、これは動きやすい構えだけど、ノーモーションで攻撃できる、そして相手の攻撃を体で受け止めることができる構えです。
見ただけでガチガチに硬い構えしている人もいますが、これでは力が入りすぎているので無酸素状態になりどんな人でも酸欠になります。「しっかり構えるが呼吸はしっかりできる構え」とも言えるかもしれません。

攻撃
柔らかく見えて、ヒットした時は「強烈な破壊力がある」攻撃
これは、ノーモーションで打てるようになること、正しい距離を知ること、ヒットの瞬間に意識できること、当たっている時間を短くする、などが必要です。「脱力の構えから瞬間的に強い攻撃が出来るようになる」これが重要だと思います。

防御
これは、構えと同じ意識ですが、攻撃した相手が「何を出してもブロックされてしまう、それも楽に・・・」というふうに感じさせることです。

頭は集中状態、そして、チャンスの時に強い攻撃を出すため、防御時にすばやく反応するために体は柔らかくしておくことが重要です。これには経験と勇気も必要になります。


SiteIndex