福岡・東京・神奈川 フィットネス・キックボクシング リアルディール

リアルディール・スタイル(畔田聡の勝負・試合で勝つためのコラム)

39 スポーツでの心技体について

どんなスポーツでも心技体は必要ですね。

心は、精神力、集中力、執着心、前に出る勇気、緊張をコントロールできる力など・・・

技術は、そのスポーツによって違いますが、打撃系の格闘技なら、各パンチ、各キック、コンビネーション、構え、攻防一体の動き、カウンター、プレッシャー、フットワーク、接近戦、ヒット&ウェー、フェイントなど・・・

体は、打たれ強さ、スピードやパワー、心肺機能、筋肉の持久力など・・・


高いレベルでは心技体、すべて必要ですが、ある程度のレベルまでスポーツによって割合があると思います。

野球やサッカーなどの球技はやはり技術がもっとも大事だと思います。気持ちや体が強くても技術がないと何もできないですよね。

また陸上、水泳競技、トライアスロンなどは肉体がもっとも大事だと思います。強い体、心肺機能がないと特に長いレースはゴールすることもできないと思います。

では打撃格闘技は何が一番必要かというと、強い心ではないでしょうか?

1対1で人が見ているリング上で闘う競技ですから、負けるとすべてが相手より劣っているような気になってしまいます。
これは得点やタイムを競い合うのではなく、ノックアウトや判定で勝敗が決まるからだと思います。


打撃格闘技も高いレベルでは、もちろん体だけでは勝てません。でもある程度のレベルまでは勝つという気持ちが強く、「前に出る勇気」があるほうがかなり有利です。

リング上での緊張のコントロールも簡単ではありません。練習してきたことが全く出せないで試合が終わった人も多いと思います。これは心の問題です。

これをうまくコントロールできればある程度の結果が出せると思います。

心技体、今、自分に一番必要なことを意識してトレーニングするといいと思います。










SiteIndex